10月のイベント モンドールを食す

こんにちは。

ワインアドバイザーの佐藤です。

酒にも季節感があるように、チーズにも季節感があります。

中でも「モンドール」というウォッシュ系のチーズは、出荷される時期が厳格に決められている本来の「季節限定品」であります。

具体的にいうと、「8月15日~3月15日」の期間にのみ生産される”季節限定のチーズ”で、入手困難な一品といわれています。

徐々に秋めいてきて、寒くなる季節にぴったりのチーズを確保できましたので、ぜひあなたにも食してほしいと思ってご用意しました。

ちなみに、モンドールっていうチーズはどういうものか?というとこんな感じでパッケージされています。↓

アレオス氏 モンドール

この写真はまだチーズの上に表皮がかぶさっている状態なので中が見えませんが・・・

実際は木箱から出すと、トロットしていますので、基本的にこの箱から直接スプーンですくって食べるタイプのチーズなんです。

この極上のチーズを今回はフランスで著名な「チーズ熟成士 3名」の3種類のモンドールをご用意しました。

☆☆ フィリップ アレオス氏のモンドール

アレオス氏 モンドール スプーンですくう場面

木箱を開けて、チーズのふたを取り除くと・・・

こんなにトロットロなチーズが顔を出すんですね。

スプーンでがぶり!して食べるのが、一番おいしい食べ方!なんだけど、モンドール自体をかき混ぜることによって、さらにつややかになるのがアレオス氏のお勧めの食べ方。

アレオス氏が作るモンドールの魅力といえば・・・

“濃厚さ”と、食べるごとに表情を変える”複雑さ”でしょう。

ミルクの余韻が力強く、しっかり濃厚でコクのあるミルクの味わいがどーんと押し寄せて、体全体に広がっていくような感動がもたらされるのです!

チーズ好きならば、一度は味わってほしいのが、アレオス氏のモンドールです。

ちなみに「アレオス氏」といえば、昨年の12月にお出しした「エポワス」という名前のチーズを作った人といえば、記憶がよみがえる方もいらっしゃるかもしれませんね。

あの芳醇なチーズを作った人がまた季節限定品の「モンドール」が出る!となれば、食する価値は十分にあります。

☆☆ ロドルフ ムニエ氏のモンドール

ロドルフ氏 モンドール スプーンですくう

スプーンですくうと、適度な重みとともに、そのツヤと色合いにウットリしてしまうほどです。

口の中では、滑らかなチーズが、そのミルクの甘み・コク、そしてやわらか~い香りとともに、ス~ッと染みわたるように広がっていきます。

上品でありながら、どこか力強さも感じられるのは、さすがは熟成士チーズならではの仕事ぶり!

他のどのチーズでも味わうことのできない、季節限定の”感動体験”をぜひ楽しんでいただきたいですね。

モンドールは初めて食す!という方にも、おすすめのチーズです。

☆☆ フランソワ ブルゴン氏のモンドール

ブルゴン氏 モンドール すくったところ

食感はやわらかで「優しいミルク感を持ちながら、しっかりと濃厚な後味が残る」のが特徴です。

ミルクの風味に、エピセアの木の香りが相まって、絶妙なハーモニーを奏でます。

注目の熟成士が手がけた、”優しさと濃厚さ”が両立した貴重な逸品です。

ブルゴン氏のモンドールは、アレオス氏とムニエ氏のモンドールの中間的位置なので、どなたにも親しんでいただける味わいです。

3名のチーズ熟成士による、モンドールの食べ比べを10月は22日以降にご用意します。

角打ちでは食べやすいように、バゲッドにモンドールをのせてお出しします。

 

○ 3名のチーズ熟成士のモンドール 3種類全部食べ比べ・・・3000円

○ お好きなチーズ熟成士のモンドール 2種類選んで食べ比べ・・・3000円

○ お好きなチーズ熟成士のモンドール 1種類を選んで・・・1500円

という形でご提供予定です。

ぜひ、この機会に季節限定のモンドールをお楽しみくださいね!

ちょうど解禁になる、秋の新酒とも相性がいいこと、間違えありません。

チーズ好きな方はぜひご賞味ください。

☆ 酒が好きな方&興味がある方へ ☆

☆ プレゼントを用意しました。 ☆

<角打ち 酒のフヨーの店舗情報>

【営業時間】 火曜以外の平日 17時~23時  土曜 17時~23時 日&祝日 16時~20時
【定休日】 毎週火曜日
【電話番号】0925727247
【E-mail】 こちらにメール

【所在地】 福岡県春日市千歳町1-31-1(JR春日駅下車 徒歩1分)
【アクセス方法】角打ち 酒のフヨーへのアクセス方法
【メニュー一覧】メニュー一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です