タグ別アーカイブ: JR

富松うなぎ 池亀酒造 城島蔵開き 散策の日帰り旅

こんにちは。

ソムリエールの佐藤です。

2月は福岡県内でも各日本酒蔵で、蔵開きが開催されます。

その中でも、県内最大規模の酒蔵開きは「城島地区」

久留米市城島といえば、日本酒の酒蔵が複数点在しているということで、2月にはその酒蔵が一堂に会して蔵開きを行うのが城島酒蔵開きです。

ただ、今回のイベントは城島酒蔵開きを回る というものではありません。

むしろ、それはプラスアルファ的な要素 ということでお考えいただきたく思っています。

では、何をメインに楽しむのか?についてお伝えしていきたいと思います。

 

なぜ「うなぎ」なのか?

 

gumigasuki / Pixabay

酒蔵開きが行われる城島や久留米市内などの周辺地域は、実はうなぎ料理を提供しているお店が複数点在しています。

ある意味、地域を代表する料理といってもいいのでしょう。

そんなうなぎ料理ですが、非常に個人的なことを言うとあまり好みではありませんでした。

というよりも、おいしいうなぎ料理に出会った事がなかったからかもしれません。

ところがこの地域の酒蔵さんから、地元で食事をするならどこがいいか?って聞いた際に「富松うなぎ」さんということを教えて頂きました。

で、実際に食してみると、確かに!

私が今まで食べたうなぎとは雲泥の差のおいしさに感動したのを覚えています。

その時は車で出かけて食事をしたので、酒と一緒に楽しむことができませんでした。

だから、いつかうなぎと酒を一緒に楽しみたい~という気持ちはずっと持っていたんですよね。

このうなぎのおいしさは、やっぱり皆さんと共有したいなーと。

 

うなぎと日本酒を堪能する

 

うなぎ料理といっても、定番のうな重から様々なものが用意されています。

せっかくうなぎを食べるのであれば、いろんなタイプのうなぎ料理を楽しみたいじゃないですか。

何人かでうなぎを食べる機会があれば、いろんなうなぎ料理をシェアすることができるのでそういう楽しみ方で味わいたいと思ったんです。

またうなぎにはやっぱり「酒」がつきものです。

私が感動した富松うなぎを食しながら、酒を一緒に楽しめたらなんてサイコーだろう~!という気持ちになりました。

そして、今回ちょうど城島蔵開きに合わせて、JR荒木駅から富松うなぎのお店前に無料シャトルバスのバス停が臨時で設置されることからこの機会に無料シャトルバスを活用して、うなぎを堪能しよう!と企画したのです。

それでは、「城島酒蔵開きとともに、うなぎと日本酒を堪能する日帰り旅」の概要は下記の通りです。

概要

 

日程:2月17日(日)集合場所:JR荒木駅 城島酒蔵開き 無料シャトルバス乗り場

集合時間:10時頃を目途に

日帰り旅のスケジュール:JR荒木駅より無料シャトルバスに乗車→富松うなぎ前 バス停下車→富松うなぎでうなぎと日本酒を堪能→徒歩で近隣の池亀酒造に移動→池亀酒造での蔵開きに参戦→ひとまずここで解散

池亀酒造の蔵開き訪問後は、他の城島の酒蔵開きに出かけるもよし、飲み疲れた方は帰宅するもよしという自由な形とさせて頂きます。

参加費用:富松うなぎでの飲食代は、割り勘とさせて頂きます。
また、現地~ご自宅の交通費は各自となります。

 

通常、富松うなぎを訪れるときには、荒木駅よりの交通手段がありませんのでタクシーなどで出かけることになります。

ただ、城島酒蔵開きの際には、無料シャトルバスが出ており、しかも富松うなぎの前にバス停があるということですから、こういった機会を大いに利用しよう~というものです。

うなぎには日本酒がぴったりです!

同時に酒蔵開きにも行けますので、酒作りの現場を間近で体感する絶好の機会です。

一年で一番寒い季節ですが、うなぎと日本酒にどっぷりとつかった日曜日を楽しみませんか?

ちょっと贅沢な日帰り旅ですが、うなぎと日本酒を楽しみたい方、ぜひご一緒しましょう!

 

ご参加お申し込みはこちらからどうぞ

 

☆ 酒が好きな方&興味がある方へ ☆

☆ プレゼントを用意しました。 ☆

<角打ち 酒のフヨーの店舗情報>

【営業時間】 火曜以外の平日 17時~23時  土曜 17時~23時 日&祝日 16時~20時
【定休日】 毎週火曜日
【電話番号】0925727247
【E-mail】 こちらにメール

【所在地】 福岡県春日市千歳町1-31-1(JR春日駅下車 徒歩1分)
【アクセス方法】角打ち 酒のフヨーへのアクセス方法
【メニュー一覧】メニュー一覧